通信高校に通うあなたの運命

自分の人生は人と比べるものではありません。
人生の一本のライン。その道筋を歩くのは自分自身だけのはず。その旅路、その道のりは人と比べるものではないでしょう。あなたの人生はあなたが選んであなたが進んでいくもの。
その途中で生じた問題を解決していくためにはしっかりと自分自身の知識を使って一歩一歩歩んでいかなければなりません。
たとえ高校中退したのだとしても、通信高校に通うことをえらんだのだとしても、その選んだ道筋で旅路を進めることを選んだあなた自身の判断を信じねばなりません。
通信高校でもしっかりと自分のリズムで学習を進めることができます。その後のあなたの進路に悪影響を与えることなく、その後まっとうに人生を歩んでいくことができるはず。


通信高校だからこそ手に入るもの

他の学校に通っていたとしたら得られなかったものがたくさんあるはずです。
まず時間です。多くの自分が使える、自分のために使える時間があるはずです。時間は有限。自分のために使える時間は尊いです。どれだけ大金を積んでも過ぎた時間を取り脅すことはできません。
もしもこれからの自分の人生をより良いものにしたいと考えるなら、それまでの自分の人生の中で得られた知識、得た経験を使って適切な選択肢を選んでいかなければならないのです。


どこから自分の運命は定まっていたのか

よりマイノリティな選択とは言われていない通信高校に通うという選択肢。
この自分の判断は果たしてどこで選んだのか。そもそも自分は生まれた時から通信高校に通うことが決まっていたのか。ここまでの運命はそもそも神のような存在に定められた通り、その決まっていた流れを踏襲している人生なのか。
じゃあ、そもそも生まれてからすぐに命を落とす赤ん坊の運命ってなんなんだろう。そんな理不尽な運命を決める髪がいたとしたらその神は果たして有能だと、全能だと言えるのか。
ついついそんなことを考えてしまいます。